ドイツ観光

ドイツ観光

  •  
  •  
  •  

ノイシュヴァンスタイン城

バイエルン王・ルードヴィッヒ2世が思い描いた夢の城

ドイツで観光スポットが連なるとして人気の<ロマンチック街道>の終点に位置する<ノイシュヴァンスタイン城>とは、かつてのバイエルンの王・ルードヴィッヒ2世によって19世紀に建てられたまさにロマンチックという言葉にふさわしい、神秘的で豪華絢爛、夢のようなお城。

音楽家のワーグナーを特別に寵愛していたルードヴィッヒ2世の趣味の世界観だけで構成・建築されており、ドイツにある他の数々のお城で見られるような一般的な建築様式&装飾とはまったく趣が違うことが特徴です。内部の壁や天井にはワーグナーの劇中の場面が見事に描かれており調度品も贅を尽くしたものばかり。かつての王は、このお城を完成させるために膨大な額を費やし、ついにはバイエルンの財政を破綻寸前へ追い込むほどこの城の建築に熱中したそう。

眺める角度によって城の形が違って見えることでも有名で、特にペラート峡谷の<マリエン橋>から見るのが最も美しいといわれています。


【基本データ】
交通:バスHohenschwangau/Alpseestrasse下車、そこからお城までは徒歩40分or馬車で15分
住所:Alpseestrasse12
時間:3月28日~10月5日9:00~18:00 10月16日~3月27日10:00~16:00
休日:1月1日、12月24・25・31日
料金:大人12ユーロ 18歳以上の学生・65歳以上11ユーロ 17歳以下無料

▲ PAGE TOP 

Copyright ドイツ観光 All Rights Reserved.